smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>


sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
実践経営哲学
実践経営哲学 (JUGEMレビュー »)
松下 幸之助
まさに経営は哲学。
肌身はなさず持ち歩きたい一冊
recommend
recommend
recommend
recommend










new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

コンスタンティン

怖い映画かなとおもったけどそうでもなかった。
むしろ「ある男の人生」を語った映画。

「男」と「女」のやせ我慢も面白かった。

「やせ我慢は美学だな」と思う今日この頃である。

コンスタンティン
コンスタンティン

人気Blogランキング



at 23:39, 5zo6poo, 映画

comments(0), trackbacks(0)

亡国のイージス

  国家って何? 日本って何? 
  日本人の誇りって? 
  私たちの未来は?

  普段あまり考えないこと。
  考えることを放棄している。

  

  そんな自分に

  「おい、大丈夫か?」

  と語りかけてくれた。描かれているのはあまりに愚直な人達。
  忘れてしまった大和魂。これでいいはずがない。
20世紀末に出された問いかけに、今、我々はどんな結論を出すのか?

今、この国の未来に不安を抱かぬ者は一人としていないだろう。未曾有の経済的発展を享受しながら、理想も持たず、国家としての責任能力も自覚せぬまま世界進出を遂げた日本。バブル崩壊が経済を袋小路へと迷い込ませたとき、そこに我々が誇るべきものは何ひとつとして残らなかった。そして、2001年9月11日以降、空虚な理想論など決して許されぬ現実を突きつけられ、我々が見つめることになった未来とはどんなものなのか?あるべき国家の理想とはどんなものだったのか?
1999年、いち早くその問題を突きつけた小説があった・・・その名を「亡国のイージス」。

亡国のイージス 上 講談社文庫 ふ 59-2
4062734931福井 晴敏
おすすめ平均
starsあえて苦言を・・・
stars濃厚で深みのある好い作品です
stars面白いです
stars完璧な超大作
starsうーん・・・
Amazonで詳しく見る

by G-Tools


人気Blogランキング

at 12:10, 5zo6poo, 映画

comments(0), trackbacks(1)

オーシャンズ12

オーシャンズ 12
オーシャンズ 12

前作に続き、おしゃれで、音楽も良くて。。。。。
あの人達のように良いチームでかっこよく仕事をしたいものです。

まさに、メンバーが良くないと良いチームにならないのです。

仕事でも同じですね。良いメンバをいかに集めることができるか??
個が優れていてその個が有機的に結びつくことで全体として、
最高のチームとして機能する。

チーム作りの要諦です。

それとキャサリン・ゼダ=ジョーンズが綺麗でした。


人気Blogランキング

at 22:01, 5zo6poo, 映画

comments(0), trackbacks(0)

宇宙戦争

宇宙戦争

いやーー凄い迫力でした。

宇宙人に侵略されて人類が戦うのだが(そのまんまやね)
中身は人間ドラマそのもの。(くさーー)

人間愛あり、人間の尊さあり、醜さあり・・・・・・・・

ラストは賛否両論。僕はいいラストだったと思うけど。

いずれにしてもトム・クルーズは元気で
よくもあれだけ走れるなぁーといつもながら関心する。
(なんのこっちゃ)

またまた元気をもらった。

人気Blogランキング



at 21:46, 5zo6poo, 映画

comments(0), trackbacks(1)

パッチ・アダムス

パッチ・アダムス
パッチ・アダムス

とにかく泣けました。とにかくよい映画でした。
とにかく元気がでました。
実は、今日**歳の誕生日で、記念すべき??日にすばらしい映画。
ついてる。ほんとに。
噂には聞いていたがここまでとは。五臓六腑から泣けました。
また映画のエンディング曲またよい。
(大好きなロッド・スチュアートなんだよね。これが。。。)

その詩は、
続きを読む >>

at 23:10, 5zo6poo, 映画

comments(6), trackbacks(1)

コラテラル


久しぶりに映画を見に行きました。

その映画は、映画の記録BLOGでは大御所の
CENELOGさんで紹介されていた

トム・クルーズ主演の「コラテラル」
トム・クルーズの気迫は凄いものがあった。一皮むけたって感じ。

ストーリ自体はよくあるものだが、
根底に流れている主題は

「人間って?」「人生って何?」「生きるってことは?」
「夢を実現するには?」

って感じ。

特にヴィンセント(トム・クルーズ)とマックス(ジェイミー・フォックス)のタクシーの中での会話には参りました。

「お前は夢を実現するために何かやっているのか?」

「考えているだけじゃないのか?」

五臓六腑にしみる映画でした。

at 22:00, 5zo6poo, 映画

comments(2), trackbacks(0)

ペイフォワード

感動ものです。
久々に映画を見ました。ビデオなんですが。(DVDがほしい〜)
本田健さんが著作「幸せな小金持ちへの8つのステップ」を書くきっかけになったのがこの映画「ペイフォワード」です。ずーと見たいと思っていてようやく。

アメリカの少年が社会科の宿題で出た
「世界を変えるには何ができるか?」
「社会をよくするためには何ができるか?」
「世界や社会をよくしよう!!」
という課題に取り組むというお話。
3人の見ず知らずの人に親切な事をして、それを次の人が
次の人にまわせ(ペイフォワード)ば、世界や社会がよくなるだろうと。

この少年の言葉でどんどん世界や社会が動いていく。
五臓六腑にしみます。ほんと泣けます。
この少年を「達人」として敬意を表します。



ペイ・フォワード
おすすめ平均
人の弱さと強さが見えました。
地味ですがよい作品です
感動しました

Amazonで詳しく見る

B00005MINW



「幸せな小金持ち」への8つのステップ 〜人生の”宝探しの地図”がここにある〜
本田 健
おすすめ平均
とにかく元気が出る本
お金とのよい関係を築きたい人のために書かれた本!
幸せな小金持ち

Amazonで詳しく見る

4901465317


at 09:28, 5zo6poo, 映画

comments(3), trackbacks(2)