smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>


sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
実践経営哲学
実践経営哲学 (JUGEMレビュー »)
松下 幸之助
まさに経営は哲学。
肌身はなさず持ち歩きたい一冊
recommend
recommend
recommend
recommend










new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

板倉雄一郎氏の経営論

板倉雄一郎
 「社長失格」で有名な板倉雄一郎氏のDVDをみた。
 天才起業家と言われた板倉雄一郎氏が失敗から何を学び、
 そして今、何を 考え行動しているのか?
 とにかくひと言ひと言がずしりと重い。深い。
 
 経営者とは、資本の管理者である。
 事業をやるということは資本をいかに管理し増やしていくかにつきる。
 どんな人に人が集まるか?それは「楽しんでいる人」だ。
 プレゼンとは自分が何者であるかをつたえること。
 アイディアは「これ面白いなー」と思ったときに生まれる。
 経営とは意思決定するということ。
など板倉氏は明確に語る。

また、経営者は身を粉にして働いてはいけないとし
自らの経験談として
会社が順調だったときは、3時間しか働いていなかった。
事業をさらに大きくしようと思い、18時間労働に変えたら
考える時間がなくなって会社が倒産した。
と語る。

板倉雄一郎氏のDVD&CDは↓
失敗から学ぶ非常識な経営論/DVD、CD

人気Blogランキング




at 12:12, 5zo6poo, 社長

comments(0), trackbacks(1)

関口房朗


関口房朗氏のCD↓
富は分かち合ってこそ活かせる。分かち合ってこそ増えるもの。

やはり只者ではなかった。
このおっさん、いや、関口房朗氏。
スケールがでかすぎる。
豪快すぎる。

at 20:54, 5zo6poo, 社長

comments(0), trackbacks(0)

革命社長(05029)

4534039239革命社長
吉越 浩一郎日本実業出版社
2005-06-23
売り上げランキング : 1,287おすすめ平均
Amazonで詳しく見る

by G-Tools

「天使のブラ」「恋するブラ」「小悪魔ブラ」などで有名な
トリンプ・インターナショナル・ジャパンの吉越社長の著書。
「近未来型企業」に生まれ変わるためのヒントがたくさん詰まっている。。。
と「はじめに」で紹介されていた。

さて、内容はいうと、「近未来型」というイメージよりは、頑固にひたすらに当たり前のことを当たり前にきっちりとやっている企業といった感じ。

吉越社長は徹底していて、その点においては妥協を許さないといった
強いメッセージが伝わってくる。

また、若い人や女性、私のようなおっさんも元気が出てくる本。
(やはり、読んで元気がでないといかんですよね)

若い人は「無限の可能性について目覚める」ことができる。

女性の方は、「美しく、輝く」ことができる。

おっさんにとっては、「マネジメントとは、当たり前のことを当たり前に
やることである。」ということが再確認できる。

特に、吉越社長は「デッドライン」という考え方を徹底されていて
(この言葉が何回も著書の中にでてくる)

「誰が、何を、いつまでに」

毎日の早朝会議では、相当数の案件にこの「デッドライン」が設定され、全員でその進捗をチェックする。
(なんと、70もの案件が処理されることもあるのだそうだ)

「甘え」や「なあなあの世界」が入りようのないこの早朝会議。
(中途入社の人達はなかなかこの厳しい世界に馴染めずにやめていく人が
 多数いるという)

創業以来、この早朝会議をやり続けているというのが凄い。

まさに達人です。

最後に、吉越社長の言葉を紹介します。

僕は特別な人間じゃない。特別な能力があるわけでもない。
当たり前だと思うことを、ただひたすらに、諦めずにやり続けただけだ。
・・・
わが社のモットーは、人一倍仕事をし、人一倍人生を楽しむ。
それには残業なんかしている暇はない。
「この会社に入って本当に良かった」
トリンプを、社員が心からそう思える”場”にすることができれば
僕にとってこれほど嬉しいことはない。

五臓六腑にしみました。

47612625322分以内で仕事は決断しなさい―スピード重視でデキる人になる!吉越 浩一郎かんき出版 2005-04売り上げランキング : 5,773おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools

4822243516早朝会議革命~元気企業トリンプの「即断即決」経営大久保 隆弘日経BP社 2003-11-04売り上げランキング : 12,177おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


人気Blogランキング

at 12:02, 5zo6poo, 社長

comments(2), trackbacks(1)

渋谷ではたらく社長の告白(05025)

渋谷で働く社長の告白
渋谷で働く社長の告白

「21世紀を代表する会社をつくる」という夢に向かって「走り」まくっているサイバーエージェント藤田社長のお話。
(奥様がほんと綺麗で、奥様とのツーショットもあり、ファン必見!!)

ビジネスプランもなく、お金もなく、仲間もいなくなり、人脈もない中で起業して成功してしまうところが普通じゃない。想いや信念の強さが、積極的な行動につながり、運やつきを引き込み、よい流れになっていくのだろう。

我々は、やれビジネスプランだ、いくらもうかるのか、マーケティングだ!
ばっかりで、肝心の「想いはなんだっけ?俺たちどこへ行くの?」を
ついつい忘れてしまう。

一見、無謀のように見える起業も、新しい事業も、その想いや信念があれば、成功する可能性が相当あがってくる。

先のわからない今、小手先の数字をつくり、マーケティングの真似事をやって、自己満足したって?????

で、結局何もやらない。

ちょっと「頭でっかち」になりすぎだな。

at 07:23, 5zo6poo, 社長

comments(3), trackbacks(1)

楽天の研究(05018)

楽天の研究―なぜ彼らは勝ち続けるのか
楽天の研究―なぜ彼らは勝ち続けるのか

楽天の三木谷社長を含む経営陣へのインタビューをベースに彼らがいかにしてここまで成長できたのか?その本質は何か?を追求した一冊。

著者の「楽天観」は次の二つだという。

1.楽天を三木谷氏のワンマン企業とみるのではなく、それぞれの専門分野をもつ複数の人達の集団としてみること。
2.現実の楽天を、単なるIT企業としうよりはM&Aのプロ集団としてみること。

一方で、三木谷社長の「成功のコンセプト」五箇条をベースにしたその求心力も楽天の本質でもあると思う。

その「成功のコンセプト」とは

■楽天グループの目標
 世界一のインターネット・サービス企業
■楽天グループにおける5つのコンセプト
 ‐錣鵬善、常に前進
  人間には二つのタイプしかいない
  ・「GET THINGS DONE」
   様々な手段をこらして何が何でも物事を達成する人間。
  ・「BEST EFFORT BASIS」
   現状に満足し、ここまでやったからと自分自身に言い訳する人間。
  一人一人が物事を達成する強い意志を持つことが重要。
 Professionalismの徹底
  楽天はプロ意識を持ったビジネス集団である。
  勝つためには人の100倍考え
  自己管理の下に成長していこうとする姿勢が必要。
 2樟癶実行→検証→仕組み化
  仕事を進める上では具体的なアクション・プランを立てることが大切。
 じ楜卷足の最大化
  楽天はあくまでも「サービス会社」である。
  傲慢にならず、常に誇りを持って「顧客満足度を高める」ことを念頭におく。
 ゥ好圈璽鼻!スピード!!スピード!!
  重要なのは他社が1年かかることを1ヶ月でやり遂げるスピード。
  勝負はこの2〜3年で分かれる。

 特に「人の100倍考える」は 五臓六腑にしみました。

楽天・三木谷浩史―プロ野球・新球団「楽天イーグルス」オーナー
楽天・三木谷浩史―プロ野球・新球団「楽天イーグルス」オーナー
溝上 幸伸

at 11:55, 5zo6poo, 社長

comments(0), trackbacks(0)

採用の超プロが教える伸ばす社長つぶす社長

採用の超プロが教える伸ばす社長つぶす社長
採用の超プロが教える伸ばす社長つぶす社長
安田 佳生

94%の会社は十年以内につぶれているそうです。

生き残っている6%の社長はどのように考え、どのように行動しているのか?

まず、人材観が全く違うという。
「企業は人なり」というが、言葉だけでなく、真の意味でよい人材が企業を伸ばすことを知っている。だから、採用にはお金をかけ、リスクをとり、人材獲得に力をいれる。また、優秀な人材を集めるためには、自分の器をでかくしないといけないことを知っている。

次に、社長室が質素である。

人材は育たないということを知っている。
だから、優秀な人材を探し、また育つ素養のある人材(意欲のある)を常に探している。

自らの価値観を変化させることができる。
時代にあわせてすべて変えていける柔軟性がある。
⇒一番、変わる事ができないのが社長であることを知っている。

戦力・戦略・士気の三つのバランスをとることに優れている。

社長の視力(視覚の広さ×時間軸の長さ)がよい。

自分の価値観にあった人間と仕事をしている。

社長が変わらなければ会社が衰退していくことを知っている。
⇒社長が変わらない限りは社員の社員のモチベーションなどあがらないことを
 知っている。

3,000人以上の社長とあった採用の超プロの筆者の言葉。

五臓六腑にしみます。

成長とは変化することである。

at 20:42, 5zo6poo, 社長

comments(0), trackbacks(0)

101人の起業家物語

101人の起業物語彼らはなぜ成功したのか?
101人の起業物語彼らはなぜ成功したのか?
竹間 忠夫, 大宮 知信

これから起業を考えている人
起業したばかりの人
起業して悪戦苦闘している人
起業して成功した人

すべての「起業家魂」を持っている人にお勧めの一冊。

5年間にわたって延べ250人の起業家にインタビューして
その中から101人の物語に絞り込まれている。

身近な企業の社長達の悪戦苦闘ぶり
どうやって新しいビジネスモデルが生まれたのか?
会社を維持発展させるために何をしてきたのか?
どうやって危機を乗り越えたのか?
世の中をかえてやろうという起業家魂!!

五臓六腑にしみる一冊です。
続きを読む >>

at 13:50, 5zo6poo, 社長

comments(7), trackbacks(1)

修羅場の人間学

修羅場の人間学―
修羅場の人間学―
野口 誠一

本の表題が
”倒産駆け込み寺”の会長が書いた
「修羅場の人間学」
会社を潰す社長・興す社長

生半可な気持ちで読めないなと思い手に取った。

著者は、倒産駆け込み寺として有名な
「八起会」の野口会長で、
(会の由来は、まさに「七転び八起」の「八起」である。)

その活動は

「倒産」とは「地獄」そのもののと呼ぶしかない。
その地獄の住人を地上に引き上げ、下支えし、再起へ
向けて背中を押してあげる。

こと。

著者自らの倒産の経験の手記や、各倒産社長の悲惨、悲劇は
想像に絶する。

成功本や起業本がバカ売れしているが、
(私も相当読んでいます)
本書などがもっともっと注目されると良いと思う。

まさに五臓六腑に染みました。


社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
板倉 雄一郎
発売日 1998/11
売り上げランキング 15,316

Amazonで詳しく見る

4822241300


失敗から学べ!「社長失格」の復活学
板倉 雄一郎
発売日 2002/07/15
売り上げランキング 42,532

Amazonで詳しく見る

4822242900


at 10:11, 5zo6poo, 社長

comments(2), trackbacks(0)

稼ぐが勝ち

時の人、ライブドアの堀江社長。31歳。
近鉄の買収や、Tシャツ姿で有名。

「ビルゲイツをただの通過点としか思っていない」と
書籍の帯に、作詞家秋元康氏が推薦文を。。。。。

考える「枠」が常人のそれとは違うのだろう。

そんな堀江社長、根底には次の二つの考え方があると思う。

.轡鵐廛襯ぅ坤戰好
⊇行無常

堀江社長は
「会社の経営で悩んだことがない。なぜなら【シンプル】に考えるから。」
「世の中が【常ならず】だから、その流転に乗って積極的に行動する。」
と言っている。

確かにシンプルだ。非常にわかりやすい。

本も一瞬で読み終えました。



稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方
堀江 貴文
おすすめ平均
恐るべし。だがしかし。。。。
賛否両論ですが・・・
稼げそうな気になる
Amazonで詳しく見る
4334974600

at 07:02, 5zo6poo, 社長

comments(0), trackbacks(2)

天下無敵の経営術

ホスト王・愛田流 天下無敵の経営術
ホスト王・愛田流 天下無敵の経営術
愛田 武

歌舞伎町で業界一の業績を誇るホストクラブのオーナー経営者が明かす成功哲学。フランスベッドのトップセールスから華麗なるホストへの転進、そしてホスト業界随一のカリスマ経営者になるまでの35年の軌跡。

やはり何かが違う。何かを感じる。これがオーラか?

ただ、その経営術はごくごく一般的なもの。

例えば
 ・経営者は旧態から脱却し、ドラスティックに改革せよ
 ・人がやっていないことをする
 ・人は決して一人では何もなしえない
 ・経営者として大切にすべきものは人
 ・ケチるやつは成功しない
 ・よき経営者はよきギャンブラー
など。

では違いは何か?

 ・「神は自分の中にあり」という自分への信頼
  「自分」への絶対的な信頼であり、中心は自分という発想。
 ・思い立ったら即実行する
  「即実行」できる突進力
 ・決して媚びるな、屈するな
  「命がけ」で商売をしている迫力

やはり、数多くの修羅場を経験した中から滲み出してくる
「人間力」なのだろう。

五臓にしみました。

at 06:27, 5zo6poo, 社長

comments(2), trackbacks(0)