smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>


sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
実践経営哲学
実践経営哲学 (JUGEMレビュー »)
松下 幸之助
まさに経営は哲学。
肌身はなさず持ち歩きたい一冊
recommend
recommend
recommend
recommend










new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

大人のプレゼン

大人のプレゼン術 自分と相手がワクワクドキドキする10か条
大人のプレゼン術 自分と相手がワクワクドキドキする10か条
佐々木 直彦

「セクシーなプレゼン」というものが世の中に存在することを
初めて知った。
プレゼンといえば、いかに論理的で、とんがったメッセージを伝えるか?
が肝だと思ってましたから。
(もちろん相手様の期待に応えるのは当然ですが。。。。)

本書に紹介されている「大人のプレゼン10か条」は多くの気づきを
与えてくれた。

特に第10条
通るプレゼンはかならず通る。通らない方がよいプレゼンは不思議に通らない。結果は神に任せていい。大事なのは未来を信じて自分を磨き前進することだ。

五臓六腑にしみました。

人気Blogランキング

続きを読む >>

at 22:33, 5zo6poo, ビジネス

comments(3), trackbacks(0)

ロジカルプレゼンテーション

ロジカル・プレゼンテーション―自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」
高田 貴久おすすめ平均 論点を探し、示唆を出す最強の実戦書分かりやすいが。意外と無かった内容悩めるコンサルタント向けのテクニック本ですAmazonで詳しく見る   by G-Tools

論理的ってどういう事?
論点って何?
仮説・検証ってどういう事?
メッセージって何?
明確に答えを与えてくれる。
お薦めの一冊です。
ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル
ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル
照屋 華子, 岡田 恵子

at 21:32, 5zo6poo, ビジネス

comments(0), trackbacks(1)

ビジネスマンのためのドーピング・ガイド

ビジネスマンのためのドーピング・ガイド
ビジネスマンのためのドーピング・ガイド
加藤 三千尋

私のブレーンの一人から紹介された一冊。

「ビジネスマンのためのドーピング・ガイド」という衝撃的でかつ意味不明な
題名からは想像もできないくらい相当ためになる。

「ドーピング」という言葉が発するイメージは、決して良いものではなく
どちらかというと「犯罪」をイメージするが、しかし、偏見を取り除いての
本来の意味は

「薬物などを利用して能力の向上をはかること」

だという。

つまり、ビジネスマンのために、薬剤師である著者が「さまざまな薬物」を
薦めて、それらの「成分」「用量」「副作用」「効能・効果」などを
わかりやすく伝授してくれる。

その切り口が

「自分力アップ」「上司力・部下力アップ」「顧客攻略アップ」
「健康力アップ」「遊び力アップ」

の五つでこれがまた傑作。

「効能・効果」少し著書の中からピックアップすると

続きを読む >>

at 18:05, 5zo6poo, ビジネス

comments(2), trackbacks(0)

戦略シナリオ

戦略シナリオ―思考と技術
戦略シナリオ―思考と技術
斎藤 嘉則


社会や企業の至るところで「思考のモラルハザード」
が見受けれれる。


「思考のモラルモラルハザード」とは
  ・皆が考えないから考えない。
  ・皆が責任を取らないから自分も取らない。
  ・先の事がわからないから今何もしない。
  ・やったことがないからやらない。
  ・過去うまういったからこれでいこう。
  ・景気がよくなったら仕事もうまくいくだろう。
などのことであるが、

その根本原因は
  ・責任をもたない。
  ・目的や理念・価値観が明確でない。
  ・誤った過去の洞察。
  ・過去にとらわれすぎること。
  ・具体的結論を出す力がないこと。
  ・リスクをとれないこと
などが考えられるとし「戦略思考」が大切だと説く。

「戦略思考」とは過去の思考は捨てて、自分の属する企業のビジョンと自らのキャリアパスに関して自己責任において深くかかわるような新しい思考のことで、以下の三つのスキルが必要としている。
一つは「責任をもって具体的結論を出す力」
二つ目は「過去から将来までロジックで構造を洞察する力」
三つ目は「価値基準を持ってリスクを伴う判断を行う力」

戦略をこういった視点で整理しなおすと非常にわかりやすい。

その上で

戦略を構想する三つのコアとして
・「3C+3S」によって戦略の構造を洞察し、具体的方向性をだす。
・顧客にとっての最も重要な「コア・バリュー」を創造する。
・収益基準と価値基準によってリスクを伴う判断・評価を行う
ことが戦略構想の要諦と説く。

日ごろ人生やビジネスの中でいろんな意思決定を行っているが、
こういったコンサルティング手法に照らして再考してみるのも
非常に面白い。

at 10:51, 5zo6poo, ビジネス

comments(2), trackbacks(0)

企画力とは

企画力 「共感の物語」を伝える技術と心得
企画力 「共感の物語」を伝える技術と心得
田坂 広志


プロの世界における「企画力」とは

 「企画を立案する力」ではなく
 「企画を実現する力」である。

「企画」とは

 実現されて初めて企画と呼ぶ。

 

at 11:00, 5zo6poo, ビジネス

comments(0), trackbacks(0)