smtwtfs
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>


sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
実践経営哲学
実践経営哲学 (JUGEMレビュー »)
松下 幸之助
まさに経営は哲学。
肌身はなさず持ち歩きたい一冊
recommend
recommend
recommend
recommend










new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 財運はこうしてつかめ(05026) | main | スリッパの法則(05028) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

中村天風 幸運を呼ぶ「魔力」(05027)

中村天風 幸運を呼ぶ「魔力」―「運気」と「勝機」が増える本
中村天風 幸運を呼ぶ「魔力」―「運気」と「勝機」が増える本
池田 光

中村天風の生い立ちや悟りを開いた経緯などを綴りながら天風哲学がわかりやすく解説されている天風哲学の入門書。

中村天風は理想の人生(強く、長く、広く、深く)を活きる方法論として

「心身統一法」

を提案している。

心身統一法には生命力を高め、活用するために以下の二大原則がある。

 \限幻饗А弊弧仁呂鯒鳥する原則)
  生命力を高め保持するにはどうしたらよいかという原則
 ∪験荼饗А弊弧仁呂魍萢僂垢觚饗А

又,生命には

 精神生命(心)
 て体生命(体)

とがあり、

 銑い料箸濆腓錣擦任任る4つの区分を

 ・積極的把持(心)
 ・精神統一(心)
 ・自然法則従順(体)
 ・訓練的積極化(体)

と名付けて体系化している。
これらを統合的に行うことが人生で成功と喜びを獲得する秘訣であるという。

では、具体的にはどうするのか?

積極的把持や精神統一の具体的方法として

 ・観念要素の更改法
 ・積極精神養成法
 ・クンババカ法
 ・安定打座方

があり、

肉体生命(体)の強化の具体的方法として、統一式生活法や呼吸操練などが紹介されている。

ちょっと難しそうですが、いたって簡単で詳細は本書に譲るとして

著者は、天風哲学は積極の哲学で人生を溌剌颯爽と、さらには泰然自若として積極的に活きていく道を教えるとして、天風流の社会生活の条件として以下のようにまとめている。

  屬任ない」「困った」などのマイナス発言を吐くな。
 背筋をシャンと伸ばせ。溌剌颯爽たる積極精神を持て。
 A甬きせよ。パンを食いながら髭をそるような真似をするな。
  5分でいい、坐って臍を回し、腹をこねよ。
  「行ってきます」と元気よく職場に向かえ。
 た佑砲△辰燭蕁岼Щ◆槎世襪ぐ豸澄廚鮓世─たとえば、
  「おはよう。顔色がいいですね」など。
  つねにプラスの言動で人に接せよ。
 ヅ椶襪福I櫃譴襪福H瓩靴爐福くじけるな。あきらめるな。
  焦るな。くさるな。えこひいきするな。負けるな。威張るな。
  頑固になるな。その都度、内省検討してみることだ。
 Ωの力を抜け。下腹に気を込めろ。肛門をしめろ。 
 目玉をきょろきょろさせるな。精神を定めよ。意識を明瞭・明確に持て。
 ┸誉犬吠針を持て。目標の実現を信じて、自己暗示せよ。
 人の喜びをわが喜びとなせ。本心良心を煥発せよ。
 進化向上が宇宙真理だ。働くとは進化向上に貢献することだ。
  自分の責務をきっちり果たせ。

 

at 09:28, 5zo6poo, 中村天風

comments(2), trackbacks(1)

スポンサーサイト

at 09:28, スポンサードリンク, -

-, -

comment
5zo, 2005/08/08 9:28 AM

てんてんさん

コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり本書はすばらしいと思います。

「教科書」という表現はまさにぴったりの表現で私も
本書で天風哲学がよく理解できました。
納得はまだまだですが。。。。。。

まだまだ入り口ですが100冊読破を目指して
これからも天風哲学研究していきたいと思っております

てんてん, 2005/08/07 3:01 PM

この本は、僕も読みました。
座右に追い手ります。

天風関係では、数十冊読んでいますが、
一番信頼できる「教科書」のようで、
初心者のみならず、上級者にまで
読んでほしい本です。

天風関係の本は100冊くらい出ているので、
全部には目を通せていませんが、
おそらく5指に入る本だと思います。










trackback
url:http://5zo6poo.jugem.cc/trackback/86
義勇:日々多読, 2008/05/05 7:53 AM

読み物としてはどうかと思いますが、ここまでまとめられているのが凄い感じですね。 この本から見始めると、ただの自己啓発本のような感じがしますが。やり方がわかりやすく書かれている分、いいとこ取りをしている感じがします。元気になる方法、実践的なやり方が書い