smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>


sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
実践経営哲学
実践経営哲学 (JUGEMレビュー »)
松下 幸之助
まさに経営は哲学。
肌身はなさず持ち歩きたい一冊
recommend
recommend
recommend
recommend










new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 松下政経塾とはなにか | main | 知恵をだすには >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

考えるクセ

大前研一さんがある論文で
世界経済が変化し、新しい経済に変わりつつある今、
論理的思考、つまり、「考えるクセ」をつけることが非常に
大事になると述べられていた。

そして、
。僑虻仟罌考えるクセあり
■毅虻仟罌高度成長でラッキー
40歳台後半から50歳台前半→最悪で考えない(考えるクセがない)
とし、
このの世代が上場企業の元気のない中間管理職にいるから
日本は元気がないのだ。という。

すべてがそうだとは思わないが、ある意味正しいと思う。

「考えて考えて考え抜く」

言葉では簡単だが、これってなかなかできない。
でも、考えるやり方を覚えると実践しやすくなり考えることが楽しくなる。

ロジカルシンキング、マインドマップ等の手法を使って
どんどん書いてシャープにして、形にしていく。
まさに、絵を書く、ものを作りあげる感覚。

頭をかかえて、「うーん」と考えるしんどいイメージじゃなく
少し視点を離して、全体を俯瞰しながら、他人事のようにして
考えてみる。

自分の場合、気を許すとどんどん考えなくなり動けなくなる。

考えないから動けない?
動かないから考えない?

「とにかく考えて、とにかく動いてみる。」
「とにかく動いて、また考える。」

再度、肝に銘じる。

考える技術
考える技術



at 09:15, 5zo6poo, 大前研一

comments(0), trackbacks(2)

スポンサーサイト

at 09:15, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。
∞最前線通信, 2005/04/02 8:12 PM

 郵政民営化の問題に関して、大前研一氏が著書「考える技術」において述べている意見がとても的を得たものであると思うので、紹介します。 要約すると、〕甲・簡易保険は廃止し、⇒絞悗倭換颪韮韻弔稜枌8団として生まれ変わるのがベストであるという意見です。

現代社会への仮説と提言, 2005/03/19 5:00 PM

【PR】ホームページで広告収入をゲット!A8.net 現代社会は大きく変化した。「模倣の時代」から「創造の時代」に変わったと言える。 時代が変わったのだから、勉強の方法も変わるべきではないだろうか? その中核をなすのが「論理力」である。 今までは