smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>


sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
実践経営哲学
実践経営哲学 (JUGEMレビュー »)
松下 幸之助
まさに経営は哲学。
肌身はなさず持ち歩きたい一冊
recommend
recommend
recommend
recommend










new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< パワーかフォースか | main | マインドマップ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

達人 トム・クルーズ

先日、フジTVの「めざましTV」でトム・クルーズのインタビューが
放映されていた。とにかくかっこいい。輝いていた。オーラが。。。。。

で、そのインタビューがこれまた凄い。

トム・クルーズと同じ年の軽部アナとのやりとり。

軽部アナ    :「最近、私、直ぐに疲れるのです。」
トム・クルーズ :「私はまったく疲れない。」[疲れることがない。」

(一同大爆笑)

軽部アナ    :「秘訣は何かあるの?」
トム:クルーズ :「それは人生に対する意欲が強いからです。」
           「疲れはストレスからだが、私は精神を鍛えている。」
(一同しーーん)

軽部アナ    :「人生観は?」
トム・クルーズ :「僕は常に人の役に立ちたいと思っている。」
           「人の役にたつことが生きる力になっている。」

「人生に対する意欲」「精神を鍛える」「人の役に立つ」

トム・クルーズの言葉、五臓六腑に染みました。

「人生に対する意欲」については

「1000冊の本で幸せな成功をつかもう!」の流嶺さんの
「パワーかフォースか」の書評にありました。


>意識のレベルの上昇に重要なことは、『意欲的な態度』

トム・クルーズの意識レベルの高さに脱帽。

「達人」として称えます。

at 20:29, 5zo6poo, 達人

comments(0), trackbacks(1)

スポンサーサイト

at 20:29, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://5zo6poo.jugem.cc/trackback/37
CINELOG, 2004/10/23 10:56 PM

参った。 トム・クルーズの気迫が伝わる一作。 あたしは特に、トム・クルーズを意識して映画を観ることは ありませんが(一度もファンになっていませんの意)、 この作品のトム・クルーズは素晴らしい。 映画そのものは、特に複雑でもないし、 衝撃も問題も