smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>


sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
実践経営哲学
実践経営哲学 (JUGEMレビュー »)
松下 幸之助
まさに経営は哲学。
肌身はなさず持ち歩きたい一冊
recommend
recommend
recommend
recommend










new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< ハングリー | main | ジョーからの贈りもの >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

私はこうして発想する

私はこうして発想する
私はこうして発想する
大前 研一

「私にはアイデアが無限に湧いて来るんです。」
とは著者の大前さんの言葉。

そんな大前さんの”発想する技術”が本書では明らかにされている。
そのシンプルなメソッドとは以下の6つ。
1.先入観を疑う
2.ネットワークから考える
3.”他にないもの”を目指す
4.歴史から教訓を引き出す
5.敵の立場で読む
6.討論する

人気Blogランキング

特に最後のメソッド「討論する」では

1.複数で議論し、必ず反対意見をいってみる
2.討論するメンバーは、できるかぎりいろんな視点の人間をいれる
3.事実に基づいて議論する

ことがポイントで、また、議論の枠組み(フレームワーク)を固定しないことが重要であると述べられている。

つまり、「3C」とか「4P」というセオリー通りの枠組み(フレームワーク)だけでは、現在の経営の現実には適応できない。

デルを育てたマイケル・デルは、ビジネススクール時代の論文に今のデル・コンピュータのビジネスモデルを書いたら、その成績は最低の「C」だったそうである。
理由は、「バリューチェーン」という枠組み(フレームワーク)を無視した新しいビジネスのフレームを創ったため使いものならないと評価されたのだそうだ。
枠が決まっているのなら議論する意味がない。本来はそうした枠組みを超えた発想が新しい時代を切り開いていく。21世紀は20世紀にできあがったフレームワークを破壊した人が勝利する。

at 11:24, 5zo6poo, 大前研一

comments(0), trackbacks(1)

スポンサーサイト

at 11:24, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。
-, 2006/10/14 9:58 AM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。