smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>


sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
実践経営哲学
実践経営哲学 (JUGEMレビュー »)
松下 幸之助
まさに経営は哲学。
肌身はなさず持ち歩きたい一冊
recommend
recommend
recommend
recommend










new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< ニュービジネス活眼塾(大前研一) | main | すごい考え方 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

ミリオネア・マインド

ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」
ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」
ハーブ エッカー, T.Harv Eker, 本田 健

三度の事業に失敗して、両親の家の地下室に居候していた著者は、父親のお金持ちの友人からの次のアドバイスで人生が変わったという。

「科学的に証明されているわけではないが、お金持ちになれる人とお金に縁のない人とは思考回路が違う。この思考回路の違いが行動のパターンを決め、ひいては人生のパターンを左右する。だから、お金持ちと同じように考え行動できたら成功できるとは思わないか?」

著者はこの言葉で目覚めどん底の人生から這い上がった。

本書では、その過程で著者が会得した思考回路と行動パターンを17個の「ミリオネア・マインド」として紹介されている。

なかでも、

お金持ちになれる人は「チャンス」に注目し、お金持ちになれない人は「障害」に注目するという思考パターンに五臓脳は反応した。

実は、五臓は「課題はなにか?」「障害はなにか?」を考えることからスタートすることが多い。

そのこと自体は非常に大事で「理想」と「現実」のGAPをどう埋めていくか?自分の人生にしても、ビジネスにしても、そのGAPをうめていくことは大きく前進につながる。

ただ、「課題をつぶす」「障害を取り除く」っていうのがなぜか楽しくない。後ろ向きでマイナスイメージを感じる。

お金持ちは「チャンス」に注目する。

よく「ピンチはチャンスなり」という。

『心のそこから「課題や障害」は「チャンス」である。』

と思えたらどれだけ楽しいだろうか?どれだけ前向きになれるだろうか?
きっと、次のアクションも楽しくなるはずだ。

課題や障害がでてきたら

「いやーー、またチャンスが来ちゃったよ。まいっちゃったなー!
「お!チャンスでんがな。やりまっせ!」

これから「課題」という言葉が頭の中に浮かんできたら、
五臓脳で変換して、「チャンス」と読み替えることにする。

人気Blogランキング

at 09:23, 5zo6poo, 成功哲学

comments(0), trackbacks(3)

スポンサーサイト

at 09:23, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://5zo6poo.jugem.cc/trackback/144
-, 2006/10/14 10:04 AM
-

管理者の承認待ちトラックバックです。

ニート・ひきこもりのためのせどり, 2006/02/09 11:46 AM

ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」 ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」をブックオフで、発見し、半額だったので購入。 なんだかんだで、本田健関連の書籍は全部読んでいるかも。 今

今日、僕が学んだこと。〜一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ〜, 2006/01/06 2:13 AM

帰省先のIT環境が芳しくなく、年末年始の記事更新が滞っておりました。あらためて新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 前回記事にも少し書いた2006年