smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>


sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
実践経営哲学
実践経営哲学 (JUGEMレビュー »)
松下 幸之助
まさに経営は哲学。
肌身はなさず持ち歩きたい一冊
recommend
recommend
recommend
recommend










new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< コンスタンティン | main | 仕事のヒント(05048) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

プレゼンテーションの極意

プレゼンテーションの極意
プレゼンテーションの極意

Make a Difference さん
(内容はもちろんのことBlog名がすばらしいですよね)で
紹介されていた一冊。

最近、プレゼンに悩んでいたので(今も悩んでいるんですが)
まさに旬な、「読むべくして読んだ」といった感じ。
やはり「念ずれば今の自分に相応しいものに出会える」
というのは「真」ですね。

さて、本書はデザイナーとしては相当有名な方で、現在は大学等で教鞭も
とられている川崎和男さんという方が書かれた本。ご本人は「喧嘩師デザイナー」と自称され、「喧嘩の美学を常に追い求めてきた」と「あとがき」で述べられており、この言葉でもう私は参ってしまい、著者が好きになってしまったのであります。

で、内容はというと、ひと言で言って

「相当良い」

です。

題名の「極意」という言葉にあるようにまさに「極意」であり「奥義」。
小手先のプレゼンノウハウ本ではなく、著者が「奥義をもっともっと自分自身に対して問い直してみたい」と語られているように「神聖なもの」すら感じる。

プレゼンテーションに対しての新しい視点を与えてくれたことに感謝します。

プレゼンテーションとは、
究極のところ、自分自身の存在を表現することである。

五臓六腑にしみわたりました。

人気Blogランキング

at 03:42, 5zo6poo, ビジネス

comments(2), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 03:42, スポンサードリンク, -

-, -

comment
5zo, 2005/09/27 12:46 PM

NEROさん

コメントありがとございます。
今後、お薦めの
山田ズーニーさんの本も読んでみます。
マインドマップノート術もおもしろそうですね

NERO, 2005/09/25 6:04 PM

5zoさん、こんにちは。
Make a DifferenceのNEROです。
この本、本当に「極意」というのにふさわしい内容ですよね。私はもう4回くらい読み返してしまいました。

私自身もプレゼンで悩んでいる最中ですが、正しく悩むための道標を見つけたような思いです。私もこの本を読んで、まさに「念ずれば今の自分に相応しいものに出会える」という感を持ちました。










trackback
url:http://5zo6poo.jugem.cc/trackback/127