smtwtfs
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>


sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
実践経営哲学
実践経営哲学 (JUGEMレビュー »)
松下 幸之助
まさに経営は哲学。
肌身はなさず持ち歩きたい一冊
recommend
recommend
recommend
recommend










new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.
<< 成長する社長の思想(05036) | main | マネジメントの世紀(前半) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

経営の行動指針−土光語録

経営の行動指針―土光語録
経営の行動指針―土光語録

座右の書が一冊増えました。

無条件に本書を皆さんにお薦めします。無条件にです。

初版が昭和45年にでているそうなのですが、その内容は現時点でも、まったく色あせることなく、むしろ、強烈なインパクトと感動を与えてくれます。

「メザシの土光さん」「再建社長」「国鉄分割・民営化」などで有名で実際の書籍なり言葉に触れるのは初めて。。。。。。。

土光さんを「達人」として称え、「師」とさせて戴き、本書の内容を腹に落とす
努力をし、実践していきます。

人気Blogランキング

土光さんの座右の銘は、中国の古典「大学」にある

「まことに日に新たに、日々に新たに、また日に新たなり」

だそうで、商時代に湯王が洗面盤に彫り付け、毎朝洗顔の際に自戒したん
だそうです。 
 今日という日は、天地開闢以来はじめて訪れた日である。それはすべて
 の人に平等公平にやってくる。我々は、昨日の時間を今とりもどす
 ことはできないし、明日の時間を今つかうことも出来ない。
 ただ、今日の時間をいかに使うかが問われているのだ。

 私は一日の決算は一日にやるように心がけている
 うまくいくこともあるが、しくじることもある。しくじれば、その日の
 内に始末する。反省し正解を得て、きれいさっぱり清算する。今日が
 眼目だから、昨日の尾を引いたり、明日へ持ち越したりしない。昨日を
 悔やむことはないし、明日を思い煩うこともない
 このことを積極的に言い表したのが「日新」だ。昨日も明日もない。
 新たに、今日という清浄無垢の日を迎える。今日という一日に全力を
 傾ける。今日一日を有意義に過ごす。これは私にとって、最大最良の
 健康法(精神的にも肉体的にも)になっているかもしれない。

at 12:14, 5zo6poo, 土光敏男

comments(0), trackbacks(0)

スポンサーサイト

at 12:14, スポンサードリンク, -

-, -

comment









trackback
url:http://5zo6poo.jugem.cc/trackback/106