smtwtfs
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>


sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
実践経営哲学
実践経営哲学 (JUGEMレビュー »)
松下 幸之助
まさに経営は哲学。
肌身はなさず持ち歩きたい一冊
recommend
recommend
recommend
recommend










new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

稲盛和夫CDブックシリーズ いま、「生き方」を問う1 どう生きるか なぜ生きるか (稲盛和夫CDブックシリーズ いま、「生き方」を問う 1)

評価:
稲盛和夫
サンマーク出版
¥ 1,785
(2008-04-16)
Amazonランキング: 7983位
Amazonおすすめ度:
シンプルイズベスト
すばらしい!!!
素晴らしい講演です
JUGEMテーマ:読書

稲盛さんの肉声。迫力がありますね。
さすが、稲盛さんって感じです。
心に響きますね。
人間性をつくっていくこと、人間性を高めていくことは
大変大事なことです。
それが人生の目的なのです。

人気Blogランキング

at 23:04, 5zo6poo, 稲盛和夫

comments(0), -

人生の王道 西郷南洲の教えに学ぶ

評価:
稲盛 和夫
日経BP社
¥ 1,785
(2007-09-20)
Amazonランキング: 2534位
Amazonおすすめ度:
上質な日本人を求めて
理想の人生
現代の武士道
JUGEMテーマ:読書

本書では、西郷の「遺訓」をもとに、経営者としての経験から、また一人の人間
として、75年間の人生から、私が学んだことをお伝えし、現代を生きる我々に、
今一番大切なものは何かということを考えてきました。

とあるように、稲盛さんの壮絶な経営者としての生き方、誠実な人間としての生き方が
あますところなく語られている。また、西郷隆盛の「遺訓」はひとつひとつが、
五臓六腑にしみわたる。

お二人の「でかさ」に参った。

五臓も少しでも少しでもお二人に近づけるように、また、たった一度しかない
人生を悔いの残らないように、毎日をど真剣に懸命に、また前向きに明るく
生きてきたいと思う。

人気Blogランキング

at 23:20, 5zo6poo, 稲盛和夫

comments(0), trackbacks(0)

稲盛和夫のガキの自叙伝

稲盛和夫のガキの自叙伝―私の履歴書
稲盛和夫のガキの自叙伝―私の履歴書
稲盛 和夫

非常に尊敬している経営者のお一人。

人生の達人としてのその生涯は、学ぶことが多い。
また、著者のお言葉は人生の重みがありジーンと
五臓六腑に染みる。

そう、稲盛氏のフィロソフィーだ。

改めて読み返してみて
人生を真面目に生きたいと思う。

稲盛氏の言葉より
波乱万丈の人生、どんな苦難や逆境に遭遇しようと、恨まず、嘆かず、腐らず、明るくポジティブに人生を受け止め、素直に努力をすればよい。どんな運命に対しても、感謝の念を持ち、前向きに生きていくなら、道は必ず開けてくるものだ。古希を迎えた今、そのことを実感している。
人気Blogランキング

at 03:15, 5zo6poo, 稲盛和夫

comments(5), trackbacks(1)

何のために生きるのか   稲盛和夫 五木寛之

暫くBlogを書く気にならなかったのですが、
ようやく書く気になり書いてみたらなんと
前回のエントリーからちょうど1ヶ月経っていた。

なんかキリがよいなぁー。ツイてるかも・・・

何のために生きるのか
何のために生きるのか
五木 寛之, 稲盛 和夫

文学と経営とそれぞれの分野で登りつめたお二人の対談集。
考え方が両極端に違っていたり、非常に似通っていたり、しかしながら
根本はまったく同じことを言っているのではないか?と
思わせるお二人の語りは非常におもしろい。

対談の内容で気になったのは
・たましいの叫び、たましいをみがく
・こころが乾いてしまった日本人
・情
・命を軽く捨てる自殺の問題
・ふるさと
・日本人の歌
・宗教の話
・人生の意味、目的
などなど。自分にとって、普段まっこうから向き合っていない問題ばかり。

忙しくて自分を見失いかけているときにぜひ読みたい一冊。
五臓六腑にしみました。

人気Blogランキング

at 11:44, 5zo6poo, 稲盛和夫

comments(3), trackbacks(0)