smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>


sponsored links
profile
recommend
recommend
recommend
recommend
実践経営哲学
実践経営哲学 (JUGEMレビュー »)
松下 幸之助
まさに経営は哲学。
肌身はなさず持ち歩きたい一冊
recommend
recommend
recommend
recommend










new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

私はこうして発想する

私はこうして発想する
私はこうして発想する
大前 研一

「私にはアイデアが無限に湧いて来るんです。」
とは著者の大前さんの言葉。

そんな大前さんの”発想する技術”が本書では明らかにされている。
そのシンプルなメソッドとは以下の6つ。
1.先入観を疑う
2.ネットワークから考える
3.”他にないもの”を目指す
4.歴史から教訓を引き出す
5.敵の立場で読む
6.討論する

人気Blogランキング

続きを読む >>

at 11:24, 5zo6poo, 大前研一

comments(0), trackbacks(1)

ニュービジネス活眼塾(大前研一)

ニュービジネス活眼塾 アタッカーズ・ビジネススクール講義録
ニュービジネス活眼塾 アタッカーズ・ビジネススクール講義録

本書はアタッカーズ・ビジネス・スクールでの大前さんのお話を抜粋して一冊の本に仕上げたもの。

既に4000人以上の卒業生の方々が、いろんな分野で活躍されていて、その卒業生が起業した会社は600社にのぼるという。

まさに、起業を目指す人のためのビジネススクールなのだろう。

大前さんの言葉はいつも新鮮だ。
・皆が賛成するアイディアは月並みである
・飯より好きな分野を発見する
・事業成功のキーワードは「イノベーション」
・常識を覆して事業機会をつかめ
・古いものから新しい発見がうまれる
・今ほど事業機会の窓が開いているときはない
・「なぜ?」の疑問から事業の芽がうまれる
・これからの時代に必要なのは「構想力」
・自己否定しなければ新たな構想はうまれない
・10%の確率はビジネスではチャンス
・JUST Do IT!!
などなど
もっとも今回心に残ったのは、
「事業は最後に成功した者の勝ち」
当たり前といえば当たり前であるが
勇気をもらった。

五臓六腑から感謝します。

人気Blogランキング



at 20:45, 5zo6poo, 大前研一

comments(3), trackbacks(0)

大きなチャンス


考える技術
考える技術

論理思考、本質を見抜く力、新しい発想を生む思考回路、開拓者の思考方法など、長年のコンサルタントとしての知を惜しみなく披露してくれている。
(最近ちょっと煮詰まっていたので、よい切り口を与えてくれた!)
最終章では、「大きなチャンスはこれから来る」として
これからは過去のものに囚われず「新しいことを考えた」「新しいものに触れた」「これまでにないやり方を考えた」「これまでにないものをサービスとして提供した」という人間が勝ちだ。デルコンピュータのマイケル・デルは「あなたがわが社の役員会にきたら、この会社は明日にでもつぶれるのではないか?と思うかもしれない」といっている。極めて成功しているデルコンピュータがこれほどまでに自己否定している。つねに、「自分たちはまだまだだ」「何とかしよう」「新しいものを生み出そう」ともがいていいる。
だからこそ、これまで伸び続けられたのだと思う。ビル・ゲイツにしても、毎日が新しいことの連続だろう。逆に明日にでもつぶれそうな会社の連中が、”自分たちの会社は未来永劫大丈夫”と思っているのとは対照的である。

と述べている。

まさに、誰も踏み込んでいない、経験したことのない世界に踏み込むか、踏み込まないか??ここが勝負の分かれ目。そこには「自己否定」という謙虚な気持ちと「やってやろう」という勇気が大切で、常に挑戦していくメンタリティを持ち続ける。

さて、今日はどんな新しいことに挑戦しようか?????

企業参謀―戦略的思考とはなにか
企業参謀―戦略的思考とはなにか
大前 研一

at 09:34, 5zo6poo, 大前研一

comments(1), trackbacks(0)

考えるクセ

大前研一さんがある論文で
世界経済が変化し、新しい経済に変わりつつある今、
論理的思考、つまり、「考えるクセ」をつけることが非常に
大事になると述べられていた。

そして、
。僑虻仟罌考えるクセあり
■毅虻仟罌高度成長でラッキー
40歳台後半から50歳台前半→最悪で考えない(考えるクセがない)
とし、
このの世代が上場企業の元気のない中間管理職にいるから
日本は元気がないのだ。という。

すべてがそうだとは思わないが、ある意味正しいと思う。

「考えて考えて考え抜く」

言葉では簡単だが、これってなかなかできない。
でも、考えるやり方を覚えると実践しやすくなり考えることが楽しくなる。

ロジカルシンキング、マインドマップ等の手法を使って
どんどん書いてシャープにして、形にしていく。
まさに、絵を書く、ものを作りあげる感覚。

頭をかかえて、「うーん」と考えるしんどいイメージじゃなく
少し視点を離して、全体を俯瞰しながら、他人事のようにして
考えてみる。

自分の場合、気を許すとどんどん考えなくなり動けなくなる。

考えないから動けない?
動かないから考えない?

「とにかく考えて、とにかく動いてみる。」
「とにかく動いて、また考える。」

再度、肝に銘じる。

考える技術
考える技術



at 09:15, 5zo6poo, 大前研一

comments(0), trackbacks(2)